スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

梅雨は体に良かったんだ?

梅雨対策の時期は歓迎です。色々と良いこと沢山ありますから。
まず、農家の方は安心するでしょう。空梅雨はとても怖いですもの。

空気が湿っているから、肌の乾燥対策は不要。保湿剤を塗らなくても良い人が喜ぶでしょう。湿疹の中には、冬になって症状が出てくるものがあるのです。その予防対策は保湿剤を塗ること。だから、梅雨時は歓迎では?

道路が濡れます。すると、ほこりが舞い上がりません。空気中のばい煙、ウィルスなどの歓迎できない浮遊物質も少なくなります。

■良いことばかりじゃない、湿気は?

湿気が多くて、布団がジメジメ、それにマンション等、近代建築の空気の循環の悪いところでは、ダニの繁殖など。

それを防ぐには、空気の循環を良くする事です。私の家は木造ですから、参考にならないかも。以前は、外出前に除湿機をつけて、あるいはエアコンをつけっぱなしで行きました。

■空気を通せば良かったんだ。

でも、近年は、雨が降っていても、窓を開けて(雨が入らないように)出かけます。近所づきあいがちゃんとしているので、泥棒の心配はありません。すると、除湿機よりも、カビの発生が少ないようです。
homemade * 体に良い考え方 * 10:59 * comments(0) * trackbacks(1)

私の花粉症 花粉症にならないと、ほっとします。

毎年三月になると、「ああ、今年も花粉症にならなくて、良かった」と喜びます。 花粉症になる人と、ならない人は、はっきり区別される。 と思っていましたが。 三年前に、私は花粉症になりました。 その年だけでしたが。

暖かい春の日、車を運転していたら、急に目から涙があふれ、運転できなくなってしまったんです。

隣の席に座っている、すこし太目の方が、ながいあいだ、毎年花粉症に苦しんでいるのですが。 今年は花粉症にならないと喜んでいます。
彼によると、毎日、ヨーグルトを1個(小カップ入り)食べているのが、効いているのでは、と言っています。

真実は分かりませんが、ヨーグルトが腸内の細菌の顔ぶれを良いものにしているのでは。 悪い細菌が多いと、毒素を余計に出します。 その毒素が、吸収されると、体は排出するか、無毒化しなければなりません。
そのために、免疫系が働くことになります。

でも、一番良いのは、吸収される毒素の量を減らすことではないでしょうか。 始めから吸収されなければ、毒素を無毒化、排出するの手間は必要ないのですから。

■花粉症予防に良い食品。
玉葱、ニンニク、ニラ、トマト、キャベツ、レンコンなど。
赤ワインなどのポリフェノールの多い食品も良。

■お茶
ウーロン茶、甜茶。

★花粉症予防のために、減らしたい食品。
ファーストフード。 カップ麺などを避ける、あるいは子供に食べさせないようにすると良い。 と言われています。


■□■もっと簡単に、花粉症予防に効果のある食事とは■□■
結局、体に良い食事なのですね。 花粉症予防に効果のある食事とは。
その他の病気の予防に効果のある食事なのです。


homemade * - * 19:11 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ