<< 本とお茶。 ビジネスは楽しもう。 どんな時でもエンジョイする工夫をしよう。 | main | 日本の都会は、腹ペコ人に優しい。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ひとりぼっちのお昼を100倍楽しむ方法。 天丼屋、定食屋、ファミリーレストランにも使える。

いつもお昼はひとりぽっちで。 外食派。

そんなあなたは、有能なビジネスマン。それとも、社員が尊敬する、社長さん。それとも・・・・

カウンター席と、テーブル席。どちらが居心地が良いですか。 聞くまでもないですね。 でも、よほど空いているときでもない限り、 テーブル席につけないですよ。

でも、これを心理ゲームに仕立ててみませんか。

テーブル席が少し空いている感じだったら。 テーブル席に座ってください。 たとえ、ウェイトレスさんが、
 「よろしかったら、カウンターはいかが」
といわれても、軽く笑顔で無視。 だってよろしくないもの。 喧嘩は絶対禁止。

あなたがテーブル席についても、 ウェートレスさんが損をすることはないはず。

特に、お昼の忙しいときは、厨房が大混乱、 そんなとき、 席が空いているのに、 席に案内してもらえず、入り口の風除けの中で待たされる人は、大不満。 でも席が埋まっていれば、 みなさん我慢しています。

だから、大混乱の昼に、あなたが4人席に陣取っていても、ウェートレスさんは逆に助かるかも。

そんな特別の場合ではなくて、ウェートレスさんが、カウンターに、と言っているのに、テーブル席についたら。 それでも、ウェートレスさんは、お食事を運んだあり、必ず、
 「どうぞ、ごゆっくり」
といってくれるでしょう。

でも、内心は、
 「早く食べて、席を空けてね」ということです。人間というのは、心の中で思っていることと正反対のことを口に出すものです。そんなときは、ちょっと声が震えています。分かりますか、その微妙なところ。

そんな状況で、4人席についたあなたは、ちょっと高めの定食のオーダーをしがちです。

そこで、一番安い料理を注文しましょう。ちょっと面白い心理実験をあなたは実践しているのです。

あなたは、いつか小説を、あるいはスリラーを書く、そんな夢をこころに秘めた、大志あるひとだと思いましょう。 本当にそうなるかも。

そんなあなたにとって、一人ぽっちのお昼は、素晴らしい人間観察の、とても良い機会なのです。


homemade * - * 11:36 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:36 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ